FC2ブログ

盆踊り

こんにちは!
先日、レッスンを終えて自由が丘駅に向かっていたら、盆踊りの音楽が聞こえてきました。
「あ、今日はお祭りなんだ!」と思いましたが、少し疲れていたし、早く電車に乗って帰ろう・・・と決心。
が、やはりあの音楽の威力はすごいです。
気づけば音楽の鳴る方へスゥ〜っと吸い寄せられてしまいました(笑)

♪月が〜出た出た、月が〜でた ア、ヨイヨイ
つい口ずさんでしまう、炭坑節。
なんとも懐かしい気持ちになるのは何故でしょうか。

日本の伝統的な音楽には、雅楽と俗楽がありますが、
民族的な特徴をもった音階が使われています。
以下がその音階、音の階段です。
ド レ ミ ソ ラ ド

よく見ると、ファとシがありません。
ドレミソラの、5音で成り立っているのですね。
この5音でできた音階(ペンタトニック・スケール)は、ヨナ抜き音階とも呼ばれるそうです。
ドから数えて、ファが4番目、シが7番目の音なので
4と7を抜いた、ヨナ(47)抜き、となります。

私たちが幼少の頃から耳にしたり口ずさんでいた、
童謡やわらべ歌は、ヨナ抜きの歌がとても多いです。
♪げんこつ山の〜 たぬきさん
とか、
♪うみは〜ひろいな〜大きいな〜
とか・・・

こうしてみると、盆踊りの音楽に吸い寄せられたのも分かるような気がしてきました。
自分の心や体に、この音階は自然と馴染んでいたわけなのですね。

ただ最近、小さなお子様や小学生の生徒さんのレッスンをしていて思うのですが
アニメソングやポップスはいろいろ歌えるけど
童謡や唱歌をあまり知らない、というお子様もいらっしゃるようです。
もちろん、今は色々なジャンルの音楽に親しめる時代で、多様な音楽に触れることができて素晴らしいと思います。

ただやはり郷愁というか、何かふと懐かしい気持ちになるような音楽は
生まれてきたこの場所に古くからあるものであって
自分のアイデンティティとして、大切にしたいなという気持ちもあります。
何世代もの人々が、時代を超えて分かち合えるものがあったら素敵だなと思いました。


リトミックでも、たくさんの歌を歌いますが、そのような観点からも、
古き良き歌たちを大事に、ぜひ皆さんと楽しく共有していきたいなと思います。

と、色々考えていたら、無性に盆踊り大会に行きたくなってきました。。
今度、盆踊り大会が行われていたら、輪の中に率先して入り、ノリノリで踊りたいと思います!笑
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR